お勧め☆格安で似顔絵最短制作・結婚式・お祝いなどに

似顔絵の書き方

家族の似顔絵の書き方、コツ

家族の似顔絵イラスト
子供や赤ちゃんと一緒の家族の似顔絵をかきたいです。
記念日に家族にプレゼントしたいです
家族の似顔絵の書き方のコツや方法を知りたいです!
教えてください
そんなお悩みに、似顔絵師歴35年以上の田村まりりが丁寧にお答えします。
一緒に家族のかわいい温かい、似顔絵を描いてみませんか?

 

かわいい、にがおえを描くコツ

早速ファミリーの似顔絵イラストを描いてゆきましょう。
今回は親子の似顔絵3人+猫2匹のイラストを書きます。
用意していただくのは色紙や画用紙、鉛筆、消しゴム、筆ペン、コピック、
水彩絵の具、スタンプインク等です。

家族の似顔絵の書き方

まずは色紙や画用紙を用意して、鉛筆やシャーペンで下書きを描いてゆきましょう。最初は薄くあたりをつけて、描いてゆきます。子供は真ん中の配置が良いでしょう。文字の場所にも気をつけましょう。薄くりんかくからまんべんなく描いてゆきます。

 

家族の似顔絵の書き方

だんだんと濃ゆく鉛筆で下絵を完成させてゆきます。下書きをきっちりと、納得ゆくまで描く事が大切です。猫は両端に入れるとしっくりおさまります。配置、レイアウトも大切です。

 

 

似顔絵イラスト 下書きを描くコツ

下書きを描くときに薄く描いてゆく理由は、失敗してもすぐに消して
書き直せるからです。紙も痛まないので、いきなり濃く描かずに、
うっすらとかいてゆきましょう
消しゴムかけすぎて、紙が痛んじゃうと、絵がキレイにみえないですね

 

簡単に家族の似顔絵を描くコツとは

だんだんと濃ゆく鉛筆で下絵を完成させてゆきます。 下書きをきっちりと、納得ゆくまで描く事が大切です。

下書きができたら、ペン入れをしてゆきます。顔の中は黒の筆ペンで丁寧に集中してかいてくださいね。輪郭はこげ茶のコピックで線を描いています。背景のお花もピンク、黄色、グレーのコピックで描いています。文字は濃い青色でかいています。色のバランスも大切ですね。

 

家族の似顔絵描き方

ペン入れができたら、水彩絵の具で肌色から塗ってゆきます。頬は朱色で薄くぼかしています。肌色を塗る時は多くの水で薄めて慎重に塗りましょう。はみ出さないように注意してくださいね。

 

顔の中、目や鼻、口は集中して丁寧に、コピックでりんかくや髪型などを
書くときは流れるような感じでかくことがコツです。ペンも使い分けましょう。

 

水彩絵の具を塗るコツ、きれいにむらなく塗る

水彩絵の具で肌色を塗る時は、ムラにならないように
気を付けてぬりましょう。小皿などに多めの水で薄めた肌色を多く作っておき、
平筆でさっと塗ると上手く塗れますよ
肌色を塗る時は緊張するけど、がんばろう
失敗しないようにゆっくりと

 

似顔絵イラスト、髪の毛の塗り方 水彩絵の具

家族の似顔絵イラスト

次は髪の毛を塗ってゆきます。はじめは薄いこげ茶でベースをぬり、だんだん濃い色を重ねます。透明水彩絵の具なので、重ねてぬるほどに美しく仕上がります。薄い色からぬってゆくことがコツになります。

 

家族の似顔絵イラスト

そして、花の色も塗ってゆきます。お花の場合は背景なので少しくらいはみ出しても大丈夫です。猫ちゃんも毛並みを見ながら丁寧にぬってゆきましょう。

 

髪の毛の書き方 色は重ねてぬってゆきます。

髪の毛の塗り方は濃淡をつけて色を重ねてぬってゆくと
より厚みが出てきれいにしあがります。顔の周りは濃くぬりましょう
そうすると、りんかくがはっきりきれいに見えます。

 

家族の似顔絵イラスト

服の色も細かく塗ってゆきます。服も濃淡が出るように、ぬりましょう。猫の毛並みをきれいに表現します。猫は毛並みが似顔絵の特徴になりますね。

 

家族の似顔絵イラスト

花の線、ラインをコピックでもう一度描きます。くっきりとよりきれいに見えます。目の中も濃いこげ茶を入れて生き生きとえがきます。唇は最初に肌色をぬり、ピンクを重ねます。

 

文字の影は黄緑色を入れています。少しずらして書いています。

 

ファミリーの似顔絵、書き方 仕上げの方法

水彩絵の具を塗れたら、あとは仕上げてゆきます。
私は仕上げは、スタンプインクをお化粧のパフ、スポンジを使って

ぼかして入れています。パステル画のようにぼかしが入り
きれいに表現できます。

家族の似顔絵イラスト

水彩が塗れたら、しばらく乾かします。すっかり乾いたら、スタンプインクをスポンジをつかってぼかします。しっかり乾かさないとうまくぼかせないので、気を付けてくださいね。

家族の似顔絵イラスト

ホワイトを入れて完成させます。お花は白のポスカなどでもう一度ラインを描きます。より立体的になり、きれいです。黒目はホワイトを少し入れて、キラキラの目にしています。

 

まとめ:家族の似顔絵の書き方のコツ

・配置を決めてから下書きを薄くかいてゆく。(文字などのレイアウトも大切です)
・子供や赤ちゃんは真ん中に書く。ペットは両端に描きます。
(人数が多いと描き進めてゆくと後戻りできないので注意する。)

・顔の中はゆっくりとペン入れする。りんかくや髪の毛は流れるように描く。
(顔の中はまず目から書いてゆきましょう)

・透明水彩は薄い色から濃い色を重ねてゆく。(下地の色を生かしてゆきましょう)
・仕上げはスタンプインクで華やかに仕上げる。(お化粧のパフを使います。)

・心を込めてえがく。(似顔絵は描く方のイメージ力が大切です。)

 

家族の似顔絵イラスト、描き方はいかがでしたか?
ご家族はもちろん、お友達にプレゼントしても喜ばれますね
心のこもった、お誕生日プレゼントや記念日に贈ると喜ばれそうですね
よし!頑張って描いてみるぞ

 

-似顔絵の書き方

© 2020 mariri tamura