絵を描く仕事

似顔絵師 イラストレーターになる方法

絵をかく仕事

スポンサーリンク

似顔絵師、イラストレーターになるには、資格や、芸大や専門学校を出ていないと なれないのですか?
絵が上手くなる方法も教えて欲しいです!

そんなあなたのお悩みに似顔絵師歴35年以上、10万人を描いてきた似顔絵師「田村まりり」がお答えします。

似顔絵師 イラストレーターになるたった一つのポイント

にがおえ師になるには

田村まりり,企業の似顔絵イベント出演風景

芸大やイラスト系の専門学校などに通えることが可能な状況、環境でしたら、迷わずに学校に習いに行くことを強くお勧めします。

しかしながら絵を描く事が好きで好きでたまらない、のでしたらそれで大丈夫なのです。

 

10代、20代、29歳、30代、40代以上でも何歳からでも、強い気持ちさえあればいつからでもスタート可能なのです。

似顔絵師やイラストレーターになるために大切な事はシンプルに、「絵を描くことが大好きか?」だけなのです

 

絵を描く仕事、副業 未経験でも大丈夫?

似顔絵師、イラストレーター、漫画家、キャラクターデザイナー、アニメーター
グラフィックデザイナー、アパレルデザイナー、絵本作家、挿し絵家、画家、などなど

昔と比べて現在は絵を描く仕事はかず多く、需要もふえてきました。
どんな仕事でもみんな最初は初心者です。ですので、もちろんやる気さえあれば、未経験でも大丈夫です!

似顔絵イベント家族

席書きでの似顔絵のお仕事はダイレクトに喜びのご感想が聞けて嬉しいです!

にがおえ師は募集、求人が多い?

 

その中でも似顔絵師、にがおえ イラスト作家、にがおえ アイコン制作などはまず最初に収入を得やすい職業です。 なぜなら、顔だけを描く、テーマがはっきりしていて、需要も多い、販売方法も多岐にわたるからです

 

路上似顔絵師、フリマでワンコイン販売、ショッピングセンター、テーマパーク
企業などの似顔絵イベント、ネット販売、ブログやホームページを作って販売、業者サイトに提携して販売

 

現場で席書き似顔絵を販売する場合はまず大きな似顔絵の団体、もしくは会社に属すると
良いかと思います。似顔絵師募集、で検索してみてください。

 

もちろん絵を描く事が大好き!情熱がある!ことが前提です

 

ほんとに似顔絵師になるには色々な方法があるワン
まりり先生はどんなデビューだったの?

私の「にがおえ師デビュー」は京都太秦映画村の似顔絵小屋で似顔絵師としてアルバイトの募集掲示板を
見て応募しました。その時はデザイン専門学校の学生でした。もう30年以上も前の事なので、リアルな掲示板です、笑

 

京都太秦映画村似顔絵

なんと35年以上の前の写真です。京都太秦映画村での似顔絵のお仕事時代がなければ今の私はいませんでした

京都太秦映画村の似顔絵小屋
1984年ごろなので、とても古い画像です。
もう現在はにがおえ小屋は無くなっているそうです。
残念です。その当時はまだまだ似顔絵は、とても珍しいものでした。修学旅行の生徒さんや外国の方も多く描かせていただきました。

京都太秦映画村にがおえ小屋

18歳のころ、ただひたすらに似顔絵を描くことが大好きでした。文字どうり寝食忘れて絵を描いていました。

にがおえ師デビューは18歳でした。赤いベレー帽が定番ですね。

 

絵が上手くなる方法とは?

 

私はそのデビュー当時はいちおう、練習もしましたが、自分の顔、家族の顔、雑誌を見て芸能人を描く簡単な練習でした。そしていきなり現場にいって、先輩の絵を見ていきなりお客さんの似顔絵をなんと下書き無し!目から書く!といったものでした。もちろん下書き無しで目から書くのは初めてでした。。

 

普通ではビビッてしまいとても書けないかもしれませんが、いざお客さまが目の前に 座ると、描かないわけにはいけません。最大限の集中力でかきました。 その繰り返しです。たった1日でも驚くほど上手になります。

 

ポイント

お金を取るのは無理でも無料でしたら、いくらでも書かせてもらえますね。しかも喜ばれる、幼稚園や老人ホームに行って似顔絵プレゼントのイベントを企画しても楽しいですね。絵もうまくなるし、とても喜ばれます。一石二鳥ですね。

 

上手くなってから、では遅いのです。

うまくなってから似顔絵師やイラストレーターになろう!と思わなくてもなんとかなるものなのです。 悩んでいる時間があれば、スケッチブックにどんどん練習してゆきましょう。

 

私はその後は大阪のUSJで似顔絵クルーとして活躍しました。最初は売れる絵がわからなくて
収入はほとんど無い!状態でしたが、必死で先輩のマネをしたり、雑誌やネットでお気に入りの
作家さんの絵柄を見てマネをして自分の似顔絵に取り入れました。

絵が売れないと生活してゆけないので、結構必死!かも

 

大阪USj似顔絵

大阪ユニバーサルスタジオジャパンでの作成した似顔絵

結局何がいいたいのか、と言うと。。

まず最初は先輩の書き方が見れる、環境に飛び込む!事が一番早いかと思います。 とことんマネをしてから、自分流に売れる似顔絵やイラストを研究してゆく が、良いと思います。

 

似顔絵教室に入るのも良いにゃん

 

似顔絵系の会社や団体に入ると、似顔絵のお仕事が入りやすくなります。注文を受け取ってしまえば、絶対に似顔絵を完成させなければいけません。必然的にどんどんうまくなってゆきます。

 

うまくなってから注文を受けるとなっていてはいつまでたってもプロになれません。 ある程度練習を重ねたら、注文を取ってゆきましょう

色々なイベントやフリマ、お祭りなどに参加するのもひとつの方法です。

似顔絵企業イベント

似顔絵イベントに出演しよう

インターネットでの販売もとても多くなってきましたね。「ココナラ」などにも登録、出店してみましょう。

似顔絵販売サイトでは常時、似顔絵師を募集しているサイトもありますので探してみてください。

 

自分のサイトを作ってみてホームページのURLは、インスタ、フェイスブック、ツイッターなど で宣伝するのも効果的です。とにかく自分の絵やイラストを多くの人に知ってもらうことが大切ですね。

 

まとめ:描いたら描いただけうまくなる。実績を積んで、自信をつけよう

・ある程度悩んだら無料でも良いので似顔絵絵を描いてゆこう
・「リアル、席書き」と「ネット販売」両方やってみる
・まずはフリマでワンコイン販売
・先輩の絵を描く現場を見れたら上達が早い
・個性を大切にした方がよい

 

まず10人の似顔絵を描いてみましょう。その次は100人を目指し、千人、一万人、 描いたら描いただけ確実にうまくなってゆきます。 そのあたりは楽器と同じですね。そうなってくると頭で考えずに勝手に手が動いてきます。

積み上げた実績やスキルはあなたのかけがえのない財産です。

ありがとう!と感謝の言葉をいただけるお仕事ってとっても素敵ですね!

年齢をかさねても続けられる素晴らしい職業だワン

 

スポンサーリンク

-絵を描く仕事
-, ,

© 2020 mariri tamura