お勧め☆格安で似顔絵最短制作・結婚式・お祝いなどに

背景の書き方

バラ(薔薇)の描き方 コツ 、手書き、簡単 初心者の方向け

バラの花 フリー画像
バラの書き方、初心者でも簡単に描けるコツや方法を教えて欲しいです
そんなお悩みに丁寧に、お答えする記事になっております。ぜひご覧くださいね
簡単にきれいな薔薇のお花のイラストを描けるようになりたいな

 

バラの書き方(薔薇)を簡単に描いてみよう 手書き

薔薇の花は意外と簡単に描く事ができます。絵を描いたことがない方でも
初心者の方でも、大丈夫ですよ。順番を踏まえながら書いてみましょう。

iPad Pro、クリップスタジオCLIP STUDIO)などのお絵描きソフトや、水彩、パステル
でも画材はなんでもOkです。まず手元にあるノートやお絵かき帳などに鉛筆で
描いていっても良いですね。

まず早速書いてゆくことが大切です
見本を見ながらだと、うまくかけるかな?
バラの花を描くコツは、まず中心部から書くと良いですよ

薔薇、イラスト、デジタル(手書きでもOK)の書き方。下書き編

薔薇の描き方下書き

まずバラの中心部分から下書きを描いてゆきましょう。中心はマルを描いて、花びらを重ねるイメージです。深く考えずにゆるく描いてゆきましょう。
アナログだと鉛筆で下絵を描いてもOkです・

薔薇の描き方下書き2

一つ目の薔薇が描けたら、二個目のバラも中心部から書いてゆきましょう。配置は少し斜め上くらいでOKです。下書きなので気軽にチャレンジしましょう。間違えたら消して、また書けばよいのです。

 

お花の絵は、デジタルでもアナログでもどちらでも、大丈夫です。
大き目の薔薇を次々と描きます。ポイントは少し重なる感じで、描くとキレイに美しく描く事ができます。

 

薔薇の描き方、下書き、レイアウト

下書きをきっちり描くと、あとのペン入れがラクになります。
納得がゆくまで、下書きをかきましょう。一つの絵として、飾っても構図やレイアウト
配置も大切なので、それらも考えながら書いてみてくださいね。

薔薇の描き方、下書き3

ばらの花を3個描いて、つぼみも付け足してゆきます。
曲線を使ってクルクルと描いてゆくと、蕾も簡単にかけますよ。線はなるべく滑らかにかいてゆきます。

 

バラの花 下書き

蕾や、葉っぱを付けたして、バランス良く描いてゆきます。レイアウトも大切です。細かい部分は気にせず、全体を見ながら描きます。葉っぱをうまく使ってバランスを取りましょう。

 

 

下書きができたら、次はペン入れをしましょう!ピンクのペンなどでペン入れしてみてくださいね。
コピックなどで描いてもきれいにかけますよ。
バラだから、ピンクの線でかくのですね
そのとおりですね

バラの花描き方5

メモ

ペン入れをするときも花の中心部から、描いてゆきます。赤ではなくピンク色の線で描くとキレイにかけますし、色もきれいに塗れます。サインペンやコピックなどでペン入れしても良いですね。

バラの花ピンク

花のペン入れが済んだら、黄緑色の線で、葉っぱを描いてゆきましょう。ささっと書いていって大丈夫です。ペン入れは少し早く描くと、にじんだりしません。リズム感も大切です。

 

バラの描き方、色塗り(デジタル、水彩、パステルなど)

下書き、ペン入れが済んだら、次は色を塗ってゆきましょう。
薄い色から順番にぬってゆきます。少しくらいはみ出るくらいでもOKです。

薔薇のかきかた 色塗り

薄いピンク色を塗ってゆきます。少しはみ出ても大丈夫です。パステル画のようにふんわりと、やさしく塗ります。

薔薇描き方、水彩

薄い桜色が塗れたら、中心部を濃く重ね塗りしてゆきましょう。グラデーションをつけるようにぬってゆきます。薄いピンク~濃いピンクといったような感じです。

 

だんだん、バラの花らしくなってきましたよ!あと少しです。
色を重ねるととってもキレイですね

薔薇の花の色の塗り方、コツ、方法

最初は薄くぬり、だんだんと濃淡を付けるように、濃い色を重ねて塗ってゆくと、きれいに描けます。
色塗りはメリハリが大切です。

薔薇のイラスト01

より濃い赤色を重ねてゆきます。濃いピンクや赤色でも大丈夫です。葉っぱの部分も黄緑色を塗ってゆきましょう。ぼかす感じでぬります。

バラの花 フリー画像002

周りに黄色をぼかす感じでいれると、よりきれいになります。薄い黄色、クリーム色などを入れて、華やかに表現しましょう。光っているように見えますね。

 

薔薇の花の描き方、仕上げてゆきます。ホワイトの入れ方

色が塗れたら、ホワイトのラインを入れて仕上げてゆきます。
アナログで描く時は、白のポスカなどを使うとキレイに描けます。

バラの花 フリー画像005

ポイント

白の線で、ばらを再度描いてゆきます。
ピンクの線上ではなくて少しずらすように書くとより立体的に描けます。線の内側でも外側でもどちらでも大丈夫です。

バラの書き方211

ホワイトで花びらを描き、葉っぱも書きます。水滴を入れて、葉っぱの影を濃く入れて、いよいよ完成です!より華やかに仕上げましょう。

 

きれいな華やかな、バラの花のイラストが完成しました!

 

まとめ:バラの描き方・簡単に描く方法

・中心部から花びらを重ねるように下書きを描いてゆく。下書きは納得ゆくまで描く。
・ピンクの線でペン入れをする。葉っぱは黄緑色。(アナログだとコピックがおすすめ)
・薄いピンク色のベースで色を塗ってゆき、濃い色を重ねる。(グラデーションをつける)
・ホワイトの線で、ピンクの線をずらしながら書いてゆく。(より立体的になります。)
・色は濃淡をつけることが大切です。

意外と簡単に、豪華に描けますので、是非チャレンジしてみてくださいね
ブログを見ながら書いてみよう
まず描いてみることが大切ですね!早速書いてみよう

 

まりりのおすすめのお絵描きソフト!

-背景の書き方
-, , ,

© 2020 mariri tamura